FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
冬のケベックシティ訪問の目的であったモンモランシー滝は、ケベックシティより車で15分くらいの場所にある、高さ83mの堂々たる名瀑です。

春のモンモランシー滝
春のモンモランシー滝

その豪快な水量を持つ滝が凍ってしまうなどとはちょっと考え難かったのですが、アイスクライミングを楽しむカナダ人も居ると聞いて半信半疑でやってきたところ…

冬のモンモランシー滝
冬のモンモランシー滝

!?
滝からセントローレンス川に注ぎ込むところまで、ダイナミックに全てがカンカチコンでした。当日の気温はWindChillでマイナス25度を下回る気温。そりゃ凍りもするか。

夏は、滝を下から眺めることは出来ないのですが、今回は、この氷上を歩いていけるということで、おっかなびっくり滝に近づいてみました。

ちなみに、ここは一応「禁止エリア」になっているということで、DANGERと書かれている扉で封鎖されているのですが、カナダ人は老若男女、子供連れの家族に至るまで、ガンガン乗り越えて行っています。最初は日本人感覚で躊躇していたのですが、カナダ人たちに習って悪い子になってしまいました。自己責任の国、ということなのでしょう。

滝に近づいてみると、アイスクライマー居ました。でもかなり怖そう。相当デンジャラスなアクティビティな気がします。

アイスクライミング
米粒みたいな人間が見えます

そして、滝。

最接近
滝の真下から

ほぼ全部凍っていて、一部のみ水が流れているのですが、この水しぶきが空気中を飛んでくる間に雹のような氷の粒になります。滝に接近すると、体の表面が氷で覆われていくため、人間氷柱になりたくなければ、長くその場にとどまることはできません。

凍った髪の毛
ちょっと近くに居ただけでこれ。バッグもジャケットもカンカチコンになりました。

そんな中、滝の至近にある雪の丘で、カナディアンたちは平和に、雪滑りを楽しんでいます。

雪滑り
結構高い小山です

子供まで楽しんでいるとあっては、我々もトライせざるを得ない!と、わけわからん対抗意識でやってみたのですが、怖いし寒いし危険だし、実際相当後悔しました。

カナダ人と冬のアクティビティで張り合うのはよしたほうが良いようです・・・。

スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://montrealspace.blog61.fc2.com/tb.php/404-bc2a9225
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。