FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
モントリオールのメトロと、トロントのサブウェイを乗り比べてみた違いについて、個人的な感想を。

まずは、モントリオールのメトロですが、日本の地下鉄に比べ、車内は狭く、電気は薄暗いため、雰囲気がかなり違うのですが、最大のポイントは、やはりその車輪がゴムタイヤ(パリと同じシステム)なことでしょうか。乗り心地やタイヤの音などが全然異なり、最初はとても新鮮でした。
アナウンスや駅名表記は当然フランス語。緊急時のインストラクションなど、一部だけ英語表記があります。困るのは駅名の読み方が分からなかったこと。発音が分からないと、道を聞く際にも困るのです。

運用面での驚きは、まだ電車が動いているうちにドアが平気で開くこと。Montrealはエレベータにもこの傾向があって、最初はかなり衝撃を受けました。

MontrealのMetro
MontrealのMetro

トロントのサブウェイは、どこか日本の地下鉄に近い雰囲気です。車内も比較的広く、新しいラインの車内なんかは、なんだか懐かしい感じがするくらい広く、明るいです。全面英語表記だから、ほっとするのかもしれません。モントリオールとは対象的に、駅名が読めるので、初めて乗っても困ることはないでしょう。
サブウェイの車輪は、日本と同じで、モントリオールのようにゴムのタイヤは履いていません。音も振動も日本と似ています。

運用面でも、モントオールとは異なり、きっちり電車が止まってからドアが開きますが、トロントの問題は、閉まり始めたドアに突進する人が多いことでしょうか。やはり大都市は人がせかせかしているのか、東京やNYのような光景がここトロントでも見られます。このあたりもモントリオールとは対照的な気がします。

torontoのsubway
TorontoのSubway

東部カナダの隣あう大都市、トロントとモントリオールの地下鉄。オンタリオ州とケベック州、両州に住む住民のメンタリティーの違いをよく表しているようで、とても興味深いですね。



スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://montrealspace.blog61.fc2.com/tb.php/424-8957c2ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。